まわりが認めるくらいの汗かきな私

体系はすこし痩せていて熱がある訳でもないですしじっとしていれば普通の状態だし冬の季節は指の先とか足の指などは冷えていますが、少し体を動かすとすぐに体温が上昇してきて汗が出てきます。

例えるとすると友人と待ち合わせをしている時に早足で歩いたりすると、着くころには額から汗が出ているのです。

友だちはそれを承知しているため「基礎代謝が高いんだね。

健康的だね」と言ってくれて私も喜ぶべきことなんだという風に思うようにしていますが、自分としては面倒なこともあります。

女性に多いと思いますが、汗がでてくるとお化粧が崩れやすくなります。

対応策はそれ程メイクを盛らず汗や水に強いお化粧品で化粧すればいいのですけど、そういうのってお肌への負担がかかってきます。

面倒なのは夏で、昔から暑さに弱い体質でもあるのでおでこの淵から流れ出てくる汗を拭きとる為のタオルやハンカチは必要不可欠です。

あとお化粧の崩れ以上に最も厄介なことが、両わきの汗です。

人と向かい合っている時背面であれば知られることはありませんがわきだとその人の視界に入ってしまうので分かってしまいます。

さらりとした水のような汗ですので臭ったりしないのですけど、服の脇部分の色が濃くなってしまうときれいじゃありませんよね。

対処法はデオドラント剤を利用したり汗取りインナーを着たり色の変化が目立ちにくい衣類を着用しています。

こんな風に多汗症固有の悩みはあるのですけど常時工夫をして向き合っていきたいと思います。

夏などの汗ばむ季節には誰しも臭くなる可能性があります。

でもそれがひどいと周囲の人を不快にしてしまいます。

出来る限りの防臭対策はしておいた方がいいでしょう。

「体の臭い」には様々な原因があります。

肉をよく口にする方は「体臭」がひどくなりやすいようです。

肉料理は「動物性たんぱく質」が多いので、摂りすぎると皮脂分泌が増加し臭いがキツくなってしまいます。

野菜料理や魚料理などを多く取り込んでバランス良く食べていくと効果があると思います。

お酒をよく飲む人も結構臭う人がいますよね。

酒類は代謝過程で強い刺激臭がでます。

これが汗とともにニオイも発散してしまうのです。

加えて酒類は一段と臭さを強調させる働きもあるので強烈な臭いの元となってしまいます。

酒類は暴飲せず適量をいただきましょう。

また気に入った履き物をヘビロテしていたり、生足でスニーカーなどを履く人も足から臭いを発しやすいようです。

足汗が履き物に染みついてしまいイヤな臭いがするようになります。

特に足臭はキツいので毎回フットカバーなどを履いてから、3足ほどの靴をローテーションで履くといいと思います。

汗ってかなり面倒です。

洋服に汗のシミがあった場合性別に関係なく不潔感がありますよね。

冬とか秋はまだいいです。

服に汗ジミができていても目立たない素材の物が多いし、外に出かける時ならコートなどを羽織るのでほぼほぼ周りの人に気づかれることはありません。

やっぱり心配なのは夏の季節です。

よく汗をかく自分の場合は何かをすれば頭から脇から、はたまた背中から汗が流れてきます。

なんなら何もしていなくてもです。

涼しくしたくて薄着になった場合シミが見えてしまうし、染みを気にして重ね着した場合余計に汗をかくので出掛けるのが面倒くさくなるのです。

わきだったら脇汗用のパッドを貼ればいいのでまだ何とか出来ますが、後ろ側は皆さんどんな対策をされているのでしょうか。

外では自分では背中のチェックが出来ませんし。

可愛い洋服を見つけても「汗のシミが見えてしまいそう」とか、落ち着いていられなかったりするのです。

顔の汗も女性としてはメイクが崩れたりするので非常に面倒です。

素顔と同じくらい崩れたメイク顔って知り合いには見せられません。

口のあたりの汗は大変恥ずかしく思うのです。

モデルさんとかは顔面には汗をかかないという人もいますが、生まれながらに幸せな体質だと思います。

よくよく考えてみると、結構厄介事ですよね。

汗を摩擦すると匂いがキツクなるように、脇は腕を動かす度にこすれるので、その他の場所の汗よりワキ汗は匂いがキツクなります。

以前は男性にむけたデオドラントグッズはなく、女の人が使用する物で間に合わせていましたが、近ごろは普通に薬屋さんでも男性用の制汗剤が置いてあるので、普通に男性の方でも入手しやすくなりました。

アジアの人々の身体のニオイはさほどキツクないという認識がありましたが、動物性食品の過剰摂取などから体臭の強烈な方も増加しはじめています。

外人は身体の臭いの自覚がないと思われがちですが、実際に外国のスーパーなどを覗いてみても我が国よりも多くの制汗剤などが売られています。

今は海外の方でも体臭に気を使う方が多くなっていて、香水でカバーするよりも、「食」は「野菜の摂取」に重きをおき、今では日本と欧米で食が逆転してきています。

腋臭症を気にする方は少なくないですが、汗も風が当たる環境にいればワキの臭いも抑制する事ができます。

脇が凹んでいるのは、蒸れにくい形状と言え、そのため贅肉がついて通気性が悪くなるとワキガの可能性は高まります。

という事で、カラダの匂いが気になる方は、痩せる事も有効です。

女の子なら寒い時期のオシャレに用意したいのはブーツ系の靴ですよね。

しかし、忘れてはならないのが足臭です。

暑い時期に使っていた「サンダル」と比較するまでもなく通気性が一気に落ちます。

そうすると、足汗も掻きやすくなりますし、当然「足臭」もしやすくなってしまいます。

鍋パーティーをしようとみんなで集まっても、シューズを脱いだ時の臭いが心配なようではブーツを脱ぐのも勇気が必要になってきます。

「足臭」の原因は、履き物だけでなく、冬用のレッグウェアもそうなんです。

寒い時期用のレッグウェアは、熱を閉じ込めてくれます。

そして、その「熱」で足が蒸れ、ニオイが出てきてしまうのです。

そういった悩みから解放してくれるのがベビーパウダー。

これは私の知り合いが手っ取り早くにおいを隠そうとなんとなく使用してみたら、においが抑えられただけでなく、自宅に帰るまでさらさらが続いたと話してくれた事です。

香水系のものも試してみたようですが、足の汗臭と混ざり合うと強烈なニオイになってしまうものもあり、それにひきかえ、あせも用パウダーは足臭を完全に消してくれます。

それから、暑いシーズンに用いるデオドラントスプレーも役立つのでオススメですよ。

出かける前に両足にベビーパウダーをササッとかけて、制汗スプレーをかばんに忍ばせておくとパーフェクトです。

デリケートゾーンのニオイ対策なら⇒すそわきが クリーム おすすめ