自宅ケアだけでシミを改善するのは難しい

シミは、ご自宅で行うスキンケアでも多少は改善することも可能でしょう。

でも、完全に奇麗にするとなると大変難しいといえます。

しかし、全く希望が無いわけではありません。

例えば、美容外科ならば消してしまう事が出来るのです。

どうしても気になっているシミがあれば、一度、美容外科で相談してみてはいかがでしょうか。

聞いた話では、多くのクリニックで無料カウンセリングを受け付けているそうです。

みかんのような柑橘類は、ビタミンの宝庫です。

新陳代謝を高め、お肌にシミができるのを防ぐためにぜひ食べてほしいものです。

食べる時間帯を意識すると、みかんの美肌効果は高まります。

朝に食べると、これから紫外線を浴びる時間帯なので、ソラレンなど、柑橘類に含まれる一部の成分が紫外線へ敏感に反応するように作用し、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。

美肌のために食べるのなら、みかんは夜食べることを心がけましょう。

乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などがヨーグルトは豊富です。

乳酸菌は腸内環境を整え、健康で潤いのあるお肌を作ります。

ビタミンBはお肌のターンオーバーを活発にする役割を果たしています。

加えて、フルーツ酸は皮膚表面の角質層を緩くし、はがれるようにする働きがあるのです。

このような作用を生かすことでシミ・くすみ対策と美白に大きな効き目があるので、ヨーグルトはシミを薄くするためにも、摂りたい食べ物です。

夏は誰でも肌を守ろうと努力していますが、意外と危ないのは秋から冬、それから季節の変わり目だと思っています。

こういった時期、くれぐれも肌の乾燥には気を付けたいものです。

油断していると乾燥に弱い目の周りの薄い皮膚のあたりなど、細かいシワでいっぱいになり、荒れて赤くなったりすることもあります。

こんな乾燥注意な時期、大事な肌を守るためのスキンケアは特に念入りに行っているわけですが、ここ最近は、いつもの化粧水や乳液、クリームの三点セットの他にオイルも使うようになり、大変気に入っています。

オイルも種類があって少しはまりそうなのですが手始めにホホバやココナッツを主に使っています。

昔に比べ、「老けたなと」感じるシミなどが一気に増殖してしまうと、悲しい気持ちになってしまいます。

昔の自分のような若いきれいな肌をみると、シミ知らずの潤ったキレイな肌で、お化粧が映えてるなぁなんて思うと、羨ましいの一言につきます。

「今からでも遅くない!」って一生懸命に若い肌を保持して、シミがこれ以上増えないようにするつもりです。

ご存知の通り、シミの要因は紫外線や老化といわれているので、日焼け対策とアンチエイジングで肌の抗酸化を忘れずにやります。

ビタミンCは美白作用があるということで、お肌にレモンの輪切りを貼ってレモン果汁とオイルでパックする方法が以前流行りましたが、すぐ下火になったように、美白効果はありません。

すぐに止めましょう。

レモン果皮のオイルには、肌につけて紫外線に当たると、皮膚にダメージを与える光毒性があります。

美白やシミ予防の効果をレモンに期待するのなら、日々の食事の中に取り入れるようにしましょう。

美しい肌作りに欠かせないのが「ポリフェノール」なのは有名ですね。

抗酸化作用が特徴のひとつに挙げられます。

体にとってはあまりよくない活性酸素の働きを抑制して、お肌にシミができるのを防いだり、元からあるシミも消していってくれます。

これは是非とも摂らなければと思う抜群の美肌成分「ポリフェノール」ですが、効果を体の中で発揮するのはおよそ3時間という短い時間。

美肌への第一歩としては、こまめな摂取をするということになります。

シミを撃退する飲み物というと体によいスペシャルドリンクとも言えるローズヒップティーでしょう。

レモンと比べて20倍以上というほどのビタミンCを摂れる飲み物でくすみ、シミの元を体の内側からなくし、肌の再生に必要なコラーゲンを生成して紫外線のダメージから救ってくれて、くすみのない肌になります。

体の内側の酸化の対抗力にも優れていて、若い肌を取り戻すのにもいいですね。

一日2リットルの水分を欠かさないことが全身の健康を保ってくれるでしょう。

お肌のためにも、十分水を摂らなくてはなりません。

体内の水分が十分でないと、お肌の血行も悪くなります。

老廃物が排出されないため、黄ぐすみの原因になります。

また、水分不足は乾燥肌の原因となり、くすみも小じわもほうれい線も目立ってしまいます。

特に女性は水分不足に注意してください。

シワがどうしてできるのかというと、原因としてはまず、乾燥が一番であることはよく言われているようです。

屋内でエアコンの風にさらされたり汗をかき、汗と一緒に肌の保湿成分が失われた時はことさら注意するべきでしょう。

デリケートな肌を乾燥から守るためには、ひんぱんに保湿をすることが最も重要だと考えられています。

こういう時にスプレータイプの化粧水は便利です。

持ち歩いてこまめにひと吹きすると良く、また、大量の汗をかいた後などは、すみやかに保湿を行いましょう。