歯並びの改善にかかる時間は個人差が大きいらしい

矯正治療は歯並びの改善に効果が望めますが、歯科矯正による歯並びの改善と必要時間は本来の歯並びや口内環境によってかなり差があるそうです。

複数の歯の歪みが歯並びの悪さの原因ということもありますし、こうした歯の中で何本を矯正するのかが、治療方針や必要期間を決める上でカギだと言えます。

ほとんどの歯科矯正では、まず虫歯があればそれを治療し、矯正方法を検討し、無事に器具を歯に装着したら、経過観察を続けていくようです。

矯正治療の方針によって、どれだけの期間を治療しなければならないか推定できます。

最近、話題の歯科矯正やホワイトニングですが、どこの歯科で行うかによっても金額が変わってきます。

患者さんそれぞれの状態に合わせ、適切な治療法を選択されるので、手段や回数に応じて治療費が変わるのは当たり前といえるでしょう。

治療を受ける歯科によっても変わりますから、気にせずに治療を受け始めたら、非常に高い金額になってしまう場合もありますから、細心の注意を払いましょう。

後でびっくりしないためにも、治療前の段階でよく担当医から話を聞き、期間や費用を確認しましょう。

歯科矯正、歯科矯正と気軽に言っていますが、その原理をご説明しましょう。

歯にブラケットという器具を取り付けて力を掛け、変な位置に生えている歯を本来の位置に持って行って、噛み合わせや歯並びを調整します。

針金を掛けて盆栽の形を整える手法と同じようなものです。

どんな器具が活躍するかというと、歯に付けるブラケットの中にワイヤーを通した、マルチブラケットというものが一般的です。

また、矯正した歯をそのままの位置に固定するためには、矯正と同じくらいの期間、リテーナー(保定装置)を付ける必要があります。

せっかく治療を終えたのに全然白さが長続きしなかった、といった苦情がよく寄せられるのもホワイトニングの特徴です。

喫煙などの習慣や、ホワイトニング自体のやり方によっては、白くなった歯がすぐまた汚れてしまうのは事実です。

一番確実な方法は審美歯科で治療してもらうことですが、歯を白くする手法や原理のほか、その効果の続く期間などを入念に確認した上で、処置を始めるのがいいですね。

歯並びが気になるので歯科矯正も並行して受けたいという人は、いずれにも長けた歯科を選ぶべきです。

歯列の矯正では矯正器具やマウスピースが使われますが、そのために食べ辛くなって食事の量が減ってしまい、体重が極端に落ちるという話も聞きます。

あるいは、矯正治療の終了後、太ってしまったという人もいるようです。

歯科矯正中は自由にものが食べられないと我慢していた分、治療後はその反動によってつい沢山食べてしまう、リバウンド状態に陥ってしまう方もいるようです。

綺麗な口元になれた場合でも、スタイルが悪くなっては容姿の面から言うと、ちょっともったいないと思います。

日本国外で歯科矯正の治療を受けると、費用は安くなるでしょうか。

実は、そんなことはないというのが結論です。

例えば、医療先進国といわれるアメリカですが、歯科矯正は保険が使えないケースもあり、5
000ドル以上の費用が実費で必要になります。

皆さん知っての通り、歯科矯正は半年から一年以上かけて行っていくものです。

矯正完了まで何度もクリニックに通って、口内に異常がないかチェックしたり、器具の位置を調整したりする必要があります。

そのあたりの事情も考えると、結局、国内での治療が最も安心ということになります。

最近は色々な手段が登場してきた歯科矯正。

今では歯の裏側に器具を付ける治療法も存在します。

裏側に装着すれば、周囲から見えないというメリットがある反面、多くの手間や時間がかかる上、舌など口の中を傷付けやすいという点は考え物です。

表側のほうは、一目見て矯正器具がわかってしまうのが欠点ですが、今時は透明や白のブラケットも出てきたので、出来る限り目立ちにくいものを使うことで、いくらか気楽になるでしょう。

歯のホワイトニングにはトラブルもあります。

思った以上に白くならないこともありますし、場所ごとに色むらが生じる可能性もあります。

口内の状況によってはホワイトニングの効果が出にくいなど、色々な理由が考えられます。

そんな方もご安心を。

時間は長くなりますが、歯科医の指導のもと、反復的に施術をしていけば効果は得られます。

他の歯科治療と同じように、歯が白く染まるかどうかもあくまで人によりけりというわけですね。

矯正器具を付けている間は、周りの人から口臭を指摘されるという話をよく耳にします。

原因は、矯正器具の隙間に食べかすが残ってしまうことです。

矯正期間中だけの症状なので、気に病む必要もないといえるのですが、口臭が周りの人を不快にさせるのも確かです。

矯正器具を付けている間は、自宅でも出先でも小まめな歯磨きをしておくことをお勧めします。

歯科で行うホワイトニングには、通院して受けるオフィスホワイトニングの他、ホームホワイトニングといって、自家用の薬剤とマウスピースを使って行うものがあるのですが、市販されているキットの中には効果が弱いものもありますから、思ったように効果が出ないで残念な結果に終わってしまうことも考えられます。

ちなみに、歯並びの矯正中は同時にホワイトニングの施術を受けることは無理だと思われがちです。

しかし、口内の状態によっては、工夫により同時にホワイトニングを進めるのも不可能ではないのです。