現在住んでいる住宅を売るときに気をつけておきたいこと

これはマナーのひとつだと思いますが、現在住んでいる住宅を売るときに気をつけておきたいことは、気持ちよく内覧者を受け入れられるよう、いつでも備えておくことでしょう。

内覧希望者というのは、すでに家に対して興味を持っている人ですが、もし内覧で悪いところばかりが目に入ったら、到底買う気が起きないでしょう。

ですから室内清掃は普段より念入りに頻繁に行う習慣をつけましょう。

普通に中古市場で住宅を売る際は、仲介する不動産会社を選び、家の評価額を査定してもらい、販売する価格を決めて、媒介契約を結び、実際に売出し開始、見学者が来て、買手の価格交渉等に応じ、ようやく売買契約となり、物件の引渡しと代金の支払いを経て、すべての取引が終わります。

どれくらいの期間で済むかというと、仮に媒介契約までが数日で済んでも、そのあとの売出期間の長さにもよります。

一つの仲介契約の効力は3ヶ月ですから、金額が妥当であれば、一度延長して半年で済むのが普通です。

建物の築年数が古い場合は、解体して家のない状態にし、「土地」として売る方が良いのだろうかと考えている人も少なくはないと思います。

しかし、土地だけにすれば売れるとは限らないのです。

古い家に対する考え方は近年変化しつつあり、自分好みに改装して住んでいきたいという家族や手頃な中古住宅を購入しリノベーション後に販売するのを専門にしている業者も多いですから、手の届く中古というのは意外にも魅力があるのです。

通常の不動産取引では、登記、金銭授受、物件引渡しなど一切を終えるのに、必要書類や登記手続き等で数ヶ月かかると見たほうが良いでしょう。

とにかく早く売却して現金を得たいのでしたら、いわゆる買取制度といって、不動産会社に直接売却するという手段もあります。

市場価格より割安の取引になり、オトクとは言えませんので、よく考えて判断しなければいけません。

しかし家をスピーディーに売却できるという意味では一番良い選択ではあります。

土地や家屋が担保に入っている場合、売ることはできるのかと言われると、担保に入った状態でも自由に売買できますし、売買に伴う所有者移転登記も可能です。

ただ、物件を担保にしてお金を借りた人が責任を持って借金(債務)を完済してくれないと、住人がいるいないに関わらず家は競売にかけられ、やがて他人の物になってしまいます。

つまり抵当権が残ったままの不動産はトラブルの元になりますので、いくら売却が可能でも、買手はほとんどつきません。

債権者による抵当権がついていない土地家屋なら気にしなくても良いのですが、住宅ローンの支払いをまだまだ残している家となると難しいです。

一般に、抵当権がついたままの土地や家屋は売却できないものと考えて間違いありません。

でも、手がないわけではありません。

任意売却があります。

借り主と融資元との間に仲介業者を入れることで通常の不動産取引と同等の額で売買できるようにするのです。

ローンの返済が困難なときでも競売を避け、高く売る最も有効な選択肢です。

損をせず少しでも高い価格で家を売るなら、価格交渉になるのは目に見えています。

買う側からすると安ければ安いほどありがたいのですし、金額に関わる駆け引きなしで不動産売買が成立することは極めて珍しいです。

なかなか交渉に応じないで買い手が諦めてしまっては、とんだ無駄骨です。

多少でも値引きされれば相手は嬉しいはずです。

タイミングを間違えないよう、売手として物件の市場価格を把握しておくのはたいへん意義のあることなのです。

一戸建てやマンション等を売る場合、意外に費用がかかることに驚くかもしれません。

不動産業者に売却を依頼すると、仲介手数料が発生します。

売却額の3%に6万円と消費税を足したものを不動産業者に対して支払います。

登記にかかわる司法書士への報酬のほか、印紙代は必須ですし、測量費が必要な場合もあります。

つまり、それらの出費を踏まえて売値を決定するわけです。

不動産会社でなくても、家の売買相場の目安をウェブ上で知ることができるのをご存知でしょうか。

なかでも、土地総合情報システムは国土交通省の運営するウェブサイトで、地価公示価格だけでなく、近年行われた不動産売買の住所、価格・面積・築年などのデータベースを自由に見ることができるのです。

なるべく現在に近い売り出し情報を知りたいときは、大手不動産会社の運営しているサイトなどで知ることができ、同等物件等を参照すればだいたいの相場が理解できるでしょう。

居住したまま売るか転居後に売るかは別として、家を売る際は、売主は清潔さの維持に努めなくてはなりません。

掃除も満足にしていなかったり、いつのものとも知れぬ日用品が大量に積まれているような状況では高くは売れませんし、内覧者もがっかりしてしまうでしょう。

自治体の回収に出すとかリサイクル店をうまく使い、不要品のないすっきりとした状態を作りましょう。

もし費用に余裕があるのでしたら、住宅の掃除や片付けをしてくれる会社におまかせするという方法もあります。